デザイナー

2017年10月21日

nestle house -寄り添える住まい-

別居とも、同居とも違う。「添居(てんきょ)」という 新しい住まい方の提案。

添居(てんきょ)とは、寄り添って暮らすこと。

親世帯の住む母屋に寄り添いながら、しかし日照や導線を遮ることなく絶妙に配置された子世帯の住居。

同居ではないけれど別居でもない、必要に応じて行き来のできる住まい方の理想を形にしています。

日常の生活には、スープの冷めない距離に暮らす安心感を。

将来的には、世代交代があっても既存の住宅を空き家にせずに生かしてゆける持続性を。

家族の暮らしが家とともに継承されてゆき、ライフスタイルの変化にも対応できる住まいです。

二世帯の住まい、その最善の配置。

母屋の庭に家を増築するにあたり、日照の問題や、母屋リビングからの眺めに

与える影響を最小限に抑えるため、様々なバリエーションのプランを検討しました。

最終的に、庭を共有する形で残し、駐車場も確保。

子世帯の建物の高さとボリュームをなるべく抑えながらも、

家族4人の暮らしに広さを感じさせる工夫として、母屋に向かって下がってゆく傾斜をつけました。

開口部が向き合わないよう配置し、互いのプライバシーにも配慮しています。

そのうえで、2つの家を分断しすぎないようにエントランスとリビングの壁は斜めにしました。

ここにあるのは、世代間の移動が自由な住居のモデル。

住まい方の継続性をデザインしました。

現代社会が直面する住宅問題への提案。

今の日本には、分譲地住民の高齢化、都心にも地方にも多く見られるようになった空き家など、

旧来の考え方では対処できない問題が増えてきています。

住む人のニーズから導き出された「添居」スタイルは、

この住居問題の解決の糸口になるのではないでしょうか。

大切な住居を負の資産にさせない。

時代が変わっても、世代間で柔らかに共有された空間は、そんな気概に満ちています。

将来的に独居の心配がある別居でもなく、距離の近さが思わぬ摩擦を生む同居でもない。

両者のどちらかを選ぶのではなく、両者の隙間を埋めることができる住居。

それが「添居」スタイルなのです。

 

 

デザイナーの想い

環境住宅、意匠性の強い建物などいろいろな住宅の形態が求められている現代において、住む人が「感じる」ことが疎かになっているように思える。情報や便利さが溢れている時代に個人のものとして、デザインとして今後の住宅に必要なのは何かを生み出すプロトタイプとして、継承の要素を積極的に創り出し、その土地に住み続けることの大切さ、豊かさを生み出すことを意識しました。

PO DESIGNER 大湖 正之のページはこちら

  


2017年09月07日

和美庵≪WABIAN≫

【ポウハウスの和美庵≪WABIAN≫】 


2017年09月04日

影を楽しむ家


2017年07月24日

 

 

【デザイナー山田の紹介&作品】 


2017年07月22日

 

 

【デザイナー山田の紹介と作品】 


2017年07月13日

ポラス建築技術訓練校

一般流通材を利用した新たな工法と防火の検証で

これからの木造建築物の、可能性と汎用性を広げる。

再生可能な循環資源である木材を使用することは、

低炭素社会の実現に貢献し、環境を守ります。

しかし、従来、木造での中大規模な建築物には

コストや高度な技術が必要でした。

事務所棟は庇状のテラスを外周部に配置し、光と風を調節する役割を果たしています。 

今回は、天井高中約6m、最大12m×30mスパンの大空間を

一般流通材を使用しながら実現した。

「合せ柱・合せ梁・重ね梁」を用いることで、

一般的な大断面集成材と同等の構造性能を持たせました。

住宅用の一般流通材を用いた、このような中大規模建築が生まれることは、

今後の木造業界の可能性を広げ、その進化に繋がっていくと考えます。

身近なものを流用するという、原点に還るようなその優しい進化は、

より良い建築の未来を作ることにも繋がると思います。

木造建築の温もりと心地よさを、内外から感じるデザイン。

木造であることが視覚でわかる、木を表面に出したデザイン。

実習棟の木質パネルには、意匠性に反響音の軽減と

外部からの日照を調整する機能を持たせました。

どちらも内外からの視線を考慮しており、デザイン性と機能を併せ持つ

「木の温もりや心地よさ」を感じられる空間を提案しています。

 

【デザイナー大湖の紹介と作品】   

 

 

 


2017年07月06日

OCULUS

 

室内は和モダンの雰囲気で計画。

和室に遊び心を取り入れ、

壁面収納階段を利用してロフト・書斎へのつなげました。

天井には障子格子で入口をつくり、

忍者屋敷のように隠れたスペースを表現しました。

 

【デザイナー舘林の紹介&作品】 


2017年07月03日

和美庵

和美庵のファンになって頂いたお客様で、ゆったりとときが流れる家をイメージしました。

心地よい光を楽しみながら、生活導線を生かし奥行感を楽しみながら間をつなぐ工夫を各所に提案しました。

 

【デザイナー北の紹介&作品】 

 

 


2017年06月29日

A邸

 

 

 

 

 


2017年06月26日

T邸

 

 

 

 

 

 

【デザイナー山田の紹介&作品】


POHAUS

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

橘 淳男 廣瀬 和哉 得本 裕晶 大湖 正之 山田 英彰 佐藤 敬 北 伸介 木村 美佳子 舘林 寛佳 篠澤 嘉彦