PO HAUS Desiner Blog


デザイナーズブログです。


« 和美庵≪WABIAN≫ | メイン


nestle house -寄り添える住まい-

別居とも、同居とも違う。「添居(てんきょ)」という 新しい住まい方の提案。

添居(てんきょ)とは、寄り添って暮らすこと。

親世帯の住む母屋に寄り添いながら、しかし日照や導線を遮ることなく絶妙に配置された子世帯の住居。

同居ではないけれど別居でもない、必要に応じて行き来のできる住まい方の理想を形にしています。

日常の生活には、スープの冷めない距離に暮らす安心感を。

将来的には、世代交代があっても既存の住宅を空き家にせずに生かしてゆける持続性を。

家族の暮らしが家とともに継承されてゆき、ライフスタイルの変化にも対応できる住まいです。

二世帯の住まい、その最善の配置。

母屋の庭に家を増築するにあたり、日照の問題や、母屋リビングからの眺めに

与える影響を最小限に抑えるため、様々なバリエーションのプランを検討しました。

最終的に、庭を共有する形で残し、駐車場も確保。

子世帯の建物の高さとボリュームをなるべく抑えながらも、

家族4人の暮らしに広さを感じさせる工夫として、母屋に向かって下がってゆく傾斜をつけました。

開口部が向き合わないよう配置し、互いのプライバシーにも配慮しています。

そのうえで、2つの家を分断しすぎないようにエントランスとリビングの壁は斜めにしました。

ここにあるのは、世代間の移動が自由な住居のモデル。

住まい方の継続性をデザインしました。

現代社会が直面する住宅問題への提案。

今の日本には、分譲地住民の高齢化、都心にも地方にも多く見られるようになった空き家など、

旧来の考え方では対処できない問題が増えてきています。

住む人のニーズから導き出された「添居」スタイルは、

この住居問題の解決の糸口になるのではないでしょうか。

大切な住居を負の資産にさせない。

時代が変わっても、世代間で柔らかに共有された空間は、そんな気概に満ちています。

将来的に独居の心配がある別居でもなく、距離の近さが思わぬ摩擦を生む同居でもない。

両者のどちらかを選ぶのではなく、両者の隙間を埋めることができる住居。

それが「添居」スタイルなのです。

 

 

デザイナーの想い

環境住宅、意匠性の強い建物などいろいろな住宅の形態が求められている現代において、住む人が「感じる」ことが疎かになっているように思える。情報や便利さが溢れている時代に個人のものとして、デザインとして今後の住宅に必要なのは何かを生み出すプロトタイプとして、継承の要素を積極的に創り出し、その土地に住み続けることの大切さ、豊かさを生み出すことを意識しました。

PO DESIGNER 大湖 正之のページはこちら

  

デザイナー「大湖 正之」のプロフィールはこちら