PO HAUS Desiner Blog


デザイナーズブログです。


メイン

廣瀬 和哉

2017年06月22日

Y邸

 

 

 

 

 

 

 

 

【デザイナー廣瀬の紹介&作品】

デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら

2017年05月18日

K邸

 

 

 

 

 

 

 

【デザイナー廣瀬の紹介&作品】 

デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら

2017年03月31日

土間のあるゆとり

 広い玄関というだけで、気持ちの良さはちがいます。

 

 

そこに、少しお客様をもてなす場所があると

また違った生活が生まれます。

 

 

 

お客様をもてなす場所。

 

 

 

自分の作業の場所。

 

 

 

ギャラリーに利用したり

小さなお店にもできるかもしれません。

 

 

 

【デザイナー廣瀬の紹介&作品】 

デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら

2016年06月26日

インテリアのお打合せ

設計の長谷川と申します。 

 

先日、インテリアのお打合せをさせて頂きました。

内装の仕上げの選定など ご計画中の住まいを想像しながら選んでいきました。

 

床やクロス、水回りの仕様など、1日かけてのお打合せで

お施主様もインテリアコーディネーターもヘトヘトでした、、、

しかし、1つ1つご自身で選んでいけるもの注文住宅の楽しみです!

少しでも家づくりを楽しんで頂けるお打合せを心掛けていきたいと思います。

 

お子様も1日遊び疲れたようで帰りは眠そうでした、、、

最後に、お子様に遊ばれる私の写真を掲載せていただきます。 

 

廣瀬 長谷川

デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら

2016年04月16日

PO連-名取市遠征

 

 

初めまして設計の長谷川です。

 

 

先日、宮城県名取市の仮設住宅に阿波踊りを披露しに参りました。

名取市は津波の被害が大きい地域で、沿岸部は瓦礫は片付いたもののまだ何もない景色が続いています。  

PO連の活動の一環として、この仮設住宅には弊社で施工してから年に1度、住民の方々を元気づけるために踊らせていただいてます。

 

 

震災から5年が経ちますが150戸のこの仮設住宅に80世帯の方が住んでいます。  

新しい生活を始めたくても住む場所がいまだ間に合っていない現状でした。

そんな中でも住民の中には、毎年楽しみにしていただいてる方もいて、とても暖かく迎えていただきました。

 

阿波踊りの中で一緒に踊ることがあったのですが、とてもパワフルで、元気づけるはずのこちらが逆に元気づけられてしまうほどでした。  


 

 

5年たったとはいえ、現地はやっと瓦礫が片付いたほどで、まだまだこれからだと住民の方はおっしゃっていたのが印象に残ってます。

ここに住まわれている方すべてが、新しい生活を始められるまで続けていきたいと思います。 

 

 

デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら

2016年03月27日

現場確認

昨日、建設予定地の見学に行ってきました。

 

閑静な住宅街でとても住みやすそうな場所でした。

 

敷地はまだ更地の状態ですが、ここに新たに住宅が建つと思うと、

 

これから出来上がる素敵な空間への期待感とプロとしての責任感とで、

 

気が引き締まります。

 

住まい手の要望に新たな提案を加えて、感動していただける住宅を

 

設計していきたいです。

デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら

2016年03月18日

中間立ち合い

先週、工事中のお客様の中間立ち合いがありました。

コンセント等、電気配線や内部の確認の工程です。

他にサッシ、造作部分の確認をします。

監督と一緒に確認していきます。

これが終わると、仕上げ工事に入っていきます。

お客様からは、「出来てしまって、さみしい」との言葉。

複雑な心境ですね・・・・。

デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら

2016年02月11日

さいたま新都心展示場

さいたま新都心駅から歩いて5分ほどのところに、ポウハウスの新都心展示場

 があるのはご存じだと思います。

久しぶりに打ちわせで行く機会がありました。

3階建ての展示場のリビングで、改めて感心!! 

天気の良い日もありますが、壁に囲まれたリビングの明るい事! 

なかなかこの空間は実物を見ないと伝わりませんよね。 

ポウハウスのHPにも写真は出てますが、

是非見てほしい展示場だと思います。 

デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら

2015年12月07日

ふらりと・・・



先日、空いた時間で、TOTOギャラリー・間 によってきました。



目的ではなかったので、事前に下調べをすることなく、ふらりと



みてきたかんじですが・・・



ちょうど、アジアの日常から:変容する世界での可能性を求めて(30周年記念展)



というテーマで、アジアで活動する建築家の展覧会が開催されていました。



異文化での建築の形をほんの少し感じることができました。



時間があれば、現地に行ってみたいものですね。



デザイナー「廣瀬 和哉」のプロフィールはこちら